海外にアンドロイド Xperiaを持っていくとき

2019/07/05更新

rubyriojano / Pixabay

アンドロイドXperia海外での設定をどうしたらいいの?

この記事は前に書いた「海外にiPhone アンドロイドスマホを持っていく」を
Xperia中心にしたものです。

まず、自分の携帯の会社は海外に行くとどうなるか調べましょう。

 

・ドコモ・ソフトバンク・AUは海外に行くと

日本にいるときと同様にデータ通信アリ
アプリなど使えますが高額になります

必ず通信定額制サービス・使用する金額などを制限するサービス
に入り海外に行きましょう。

 

・それ以外の会社UQモバイル・Yモバイル・楽天モバイルなどは海外行くと

音声通話・SMSだけになりデータ通信ナシ
アプリなど使えませんが高額にならない。

会社によりますが申込で海外でデータ通信できるようになります。

 

・海外ではWiFi使える場所を利用しましょう。

海外ではスマホをカメラとし

WiFi使える場所でスマホとして使用する。

スマホをGoogleマップをネットなしで使えるようにしましょう。

アンドロイド Xperiaで google mapをオフラインで使う ⇓
オフライン(ネットなし)、自分の位置は分からない・時間かかります。



では、ドコモ・ソフトバンク・AUのひとはどうしたらいいの?

通信定額制サービスなど入ったうえで、

㋐WiFi使える場所で節約する。

 

㋑「機内モード」で節約する。

機内モードをオンでデータ通信・インターネット・メール・電話が使用できません。

機内モードは一台持ちの人にはあまりおすすめしません。

はぐれたりして連絡とりたいときもあります。

海外でなにかあったときなど連絡する必要があると私は考えます。

そこで、機内モードをオンならガラケーなど2台もちがいいですね

 

海外でアンドロイドXperiaを「機内モード」にして
「wifiオン」で時々使う設定にする

〔Xperia Z5 SO-02H アンドロイドV7.0で検証2019/3/31時点〕
Xperia Z5 SO-02Hから

「設定」→「もっと見る」クリック

 

「機内モード」を右へ

 

他に下記の方法もあります。

 

「機内モード」をONままWiFiをつなげましょう。

 

これで「機内モード」をONままWiFiをつなげます。

 

スマホ一台なら(大手キャリア・それ以外のひとも)

海外SIMに入れ替えて普通にガンガン使いましょう。

・日本にて海外で使えるSIMを購入する。

端末がSIMフリーであることが条件になります。

例1:AmazonさんでSIMを購入後、T-Mobile most sim 設定⇓
私はこれを使用、一番安いです(少し手間かかります)

例2:現地でSIMを購入・レンタルする(語学に自信のあるかた)

ドコモの中古端末も今はSIMフリーにできます。
(端末の機種によります)

ゲオ・アマゾンなどで買ったドコモのスマホがSIMフリー可能なのです。

ドコモ中古Xperia SIMフリーへ⇓

 

㋑海外WIFIルーターを借りていく。

荷物が増え、少し値段かかりますが、らくちんです。

 

実際、ネットがあると便利です。

知らない場所で自分の位置がわかるし

とくに、バスに乗るときは必要ですかな・・

言葉をリアルタイムで翻訳したり・・

番外編1 ガラケーのおさらいです

私のガラケーdocomoには「WORLD WING」という契約あり、
海外から日本へ電話・SMS(ショートメール)OK

おさらいしましょう。

海外から日本に電話するとき、
ダイヤルの『0』を長押し『+』81(日本)+先頭0ゼロをとりダイヤル

日本から海外は普通にダイヤルしてもらうだけ(お金は着信なのに高い)
よって、必要ない電話はでないことにする。

 

番外編2 海外にて(少しスマホから離れてみては)

(スマホに頼ってしまう私、以下は自分への戒めの文です)

できたら、スマホになるべくたよらないでほしいのです。

もし、誰かと一緒に海外にいくなら

あなたがずっとスマホをみているとき相手はどう思うでしょう。

その時間は実際スマホみている時間が長いのに本人は短く感じるかも・

せっかく海外まできたのですからなるべくスマホから離れてみてはいかがでしょうか?

わからないときは身振り手振りメモと鉛筆を常に持ち歩き書いて相手に伝える。

道に迷ったおかげで人情に触れ良い店よいひとに出会えたりすることもあります。

トラブルに巻き込まる・・

スマホをみてばかりだと

 

勘が鈍るかも・・危険な雰囲気に気が付かないかも・・
(日本のように、いつもスマホをみていると手から奪われるかも・・)

国により歩きスマホ罰金とられないように・・

 

できたら、なるべく現地特有の移動手段に乗りましょう。

場合によりチップを払い、現地の人と話しましょう。

注意:長旅の到着は疲れで、判断力がにぶりますよ・・

声掛けしてくるのは、ほとんど怪しいです。

早く移動したい気持ちはわかりますが・・・

白タクには乗らないように疲れていても正式な場所からタクシー乗りましょう。
(友人はこれで痛い目に会っています)

 

必ず外務省海外旅行登録「たびレジ」にも登録してから行きましょう。

楽しい旅になりますように・

 

こちらも合わせてご覧ください。

ニューヨークの地下鉄メトロカードを買う⇓

ESTA申請をじぶんでする 他人にまかせない⇓