【簡単】WindowsパソコンにiPhone写真・動画だけ保存する

2019/05/07更新

suetot / Pixabay

 

WindowsパソコンにiPhoneの写真・動画を保存します

 

iTunesを使わないで、

Windows10パソコンとiPhoneをUSBケーブルをつなぐだけで写真を保存する簡単な方法です。

しかし、iTunesのインストール必要になりますよ。
(パソコンとiPhoneをつなぐためのプログラムiTunesにあるためです)

iTunesとは同期させない状態に設定してからパソコンとiPhoneをつなぎます。

普通は、iTunesと同期させて写真だけでなくiPhone全体をバックアップできます、

その方法は、他のひとがたくさん説明していますのでググってくださいね。

今回は、パソコンに写真・動画のみを保存します。

 

iPhoneの写真・動画を保存

【準備編】

1.iTunesは最新になっていますか?(以外と時間かかります)
iTunesありますか?ないときインストールしましょう。

・iTunesを起動し、以下の設定しましょう。

「編集」→「環境設定」

 

「ipod,iPhone,およびiPadを自動的に同期しない」にチェックする

 

2.USBケーブルが粗悪品でなく、できればapple純正(それと同等)を使用しましょう。

接続エラーにならないように良いUSBケーブルをきちんと用意してくだいね。

 

【作業開始しましょう】

・iPhoneのロックを解除してください。(ロックを解除忘れるとメッセージでます)

・iPhoneをUSBケーブルでパソコンを接続します。

すると、パソコンの右下に以下のメッセージがでます。

そのメッセージ「IPhone 選択して・・」の部分をクリック

 

・「写真とビデオカメラのインポートフォト」をクリック

 

・iPhoneに「このコンピュータを信頼しますか?」ときたら、「信頼」・「許可」をクリックしてください。
(この作業は初めてのとき、次からはでませんよ。)

 

パソコンとiPhoneが接続すると以下の画面がでてきてます。

 

「インポートの設定」をクリック

 

インポートの設定では、■月△日にしたいなら日付ごとを選びましょう。

 

インポートのあとiPhoneから写真を削除したいとき「インポート後にデバイスから項目を削除する」にチェック

次に、下の「完了」をクリック

 

 

インポートしたい写真の□にレ点チェックをいれます。

「選択した項目のインポート」クリック

 

 

うまくいくと、「インポート完了」と左下にメッセージがでます。

お疲れ様です、Windows10パソコンにiPhoneを写真・動画を保存できました。

 

さて、エラーになったらどうしましょう。

・エラーの原因はいろいろ考えられます。

iPhoneのiosのバージョン、USBケーブル、iCloud、マイフォトストリームだったり・・

 

まず、iPhoneの設定でiCloudで写真オフにしてみましょう。

iPhoneの「設定」➡自分のID➡iCloudとクリック

 

どうでしょう、うまくいきましたか?

エラーがでたら、そのメッセージに従い、対処していけばなんとかなるはずです。