信頼性モニター 不安定な原因を

 

Designer-Obst / Pixabay

パソコンの調子がおかしいとき

信頼性モニターという

システムの変化を自動で表示し、
原因を特定できるツールがあります。

Windows10のシステムのアップデート

アプリアップデート

新しいアプリのインストール

ドライバー・ハードウェア・ディバイス更新

 

それらの履歴を

自動で調査、分析して

Windows10システムの動作期間中の

システムの安定性を10段階評価、グラフで表示します。

 

同じエラーでも古いものは低く、

最近のものは高く表示され、

問題なく稼働しているのか一目で見れます。

 

システム・アプリ・デバイスのアップデート、更新などで、値が高くなると

それがWindows10システムを不安定にしている原因であると判明します。

 

該当する日付の「X」「!」「i」アイコンクリックすることで

エラーの詳細、解決策が表示されます。



【作業開始です】

デスクトップ上の「コントロールパネル」クリック

ないとき、Windows10 コントロールパネルを表示⇦クリック

 

「コントロールパネル」の表示がPCで違います。

㋐と㋑の表示があります。

㋐「システムとセキュリティ」クリック

 

「セキュリティとメンテナンス」クリック

 

㋑「セキュリティとメンテナンス」クリック

 

「メンテナンス」クリック

 

「信頼性履歴の表示」クリック

 

信頼性モニターの表示

信頼性モニターの見かた

① 安定性を10段階で表示

グラフはパソコンの安定性を1~10段階で表示しています。

 

② エラーの種類と発生日

システムの変化点とエラーの種類がアイコンで表示しています。

「赤×印」は表示されている日にトラブルが発生

右側に以下のメッセージがあります。

「アプリケーションエラー」 【赤×印】で表示
「Windowsエラー」
「その他エラー」
「警告」
「情報」 【青×印】で表示

 

③ エラーの詳細

該当する日付の「X」「!」「i」アイコンをクリック

何のトラブルになったのかをアイコンをクリック

上の例ではトラブルがありません、

もしトラブルあれば、赤印で表示されます。

右側に「解決策の確認」が表示され、

「問題レポート」表示、解決策がなどが確認できます。

どうでしょうか、

便利なツールですね。

これから、どんどん、このツールを使ってみてください。

 

↓こちらも合わせてご覧ください。

パソコンが不安定なとき(不安定なときのまとめ記事です