【簡単】紙パック牛乳からR1ヨーグルトをつくる

 

今回はヨーグルトメーカーを使い、

紙パックの牛乳からR-1ヨーグルトの作ります。

紙パックだと容器熱湯殺菌することもなく簡単につくれます。

紙パックはかたずけもなし、殺菌はかき混ぜスプーンだけでらくちんです。

わたしは、ヨーグルトメーカーを使いヨーグルトを作りはじめて、約20数年

はじめは、付属の容器をレンジで殺菌、食べたあとかたずけするもので面倒でした。

数年前から紙パックからつくるようになり、とても簡単になりました。

1Lパックの欠点は、食べはじめ、減ってきたときスプーンが届かなくなり、

長いスプーンが必要になります。

最近では、食べにくくなったら思い切って紙パックをハサミでカットして食べています。

 

【目次】

①用意するもの

②作業開始です

③失敗の原因

④ヨーグルトメーカーで市販のヨーグルトはできない
(空気にふれるとLG21菌などは死んでしまいます)

 

①用意するもの

・ヨーグルトメーカー

牛乳パックでつくれ、温度時間が調整できるならどこの機種でもOKです。

私はアイリスオーヤマさんの温度、時間が調整できるもの2台目です。

↓参考までにAmazonさんの ヨーグルトメーカー IYM-012です。

・紙パック牛乳

牛乳なら何でもいいです。

牛乳乳飲料違います、□□牛乳(語尾が牛乳)を用意しましょう。

乳飲料(低脂肪乳など)のとき固まりにくいです。

 

・R-1ヨーグルト

おすすめはドリンクタイプ(112ml)混ぜやすいため

継ぎ足しでなく、毎回、新しいものを用意しましょう。
(雑菌がはいりますので・・)

 

・かき混ぜるためのスプーンなど

1Lの場合、けっこう長いものが必要です。

わたしは、金属性の長いスプーンぽいものを用意しました。

ステンレス バースプーン 32cm↓

↓参考までにAmazonさんのスプーンです。

 

・紙パックを閉めるもの

例:100円ショップの牛乳パッククリップ

 

クリップの一部が邪魔になるのでとりばずします。

 




②作業開始です

今回は1Lの牛乳パックでつくることで説明します。

・最初にレンジで温めておきます←これが大事

冷蔵庫からだしたばかりの牛乳を

1Lの牛乳パック500wで2分、ひっくり返して2分 計4分

まだ、冷たいなら、あと1分追加してください。

人肌くらい(〜40℃)

40℃が乳酸菌が活発な温度なのです。

常温でだしておくのもいいです。

作りはじめの牛乳の温め具合で成功確率に影響します。

冷たい牛乳だと発酵する温度まで上がるのに時間がかかり失敗することがあります。

 

・かき混ぜるためのスプーン・棒をよく消毒すること。

わたしのスプーンは金属スプーンなのでレンジは不可

プラスチックなら、レンジでOK

小さいなべなどに水を入れ沸騰させスプーンを消毒しています。

 

・本体の牛乳を少しだけ減らす(ヨーグルト分約100ml)

あふれないなら、減らさず、そのままでもOKです。

 

・牛乳パックのフタを開きヨーグルトを入れます。

牛乳:ヨーグルトは10:1が理想

1L=1000ml牛乳:100mlヨーグルト

R-1ヨーグルトドリンクタイプ(112ml)

・よく棒でかき混ぜます←パックのときはこれ大事

・上部にクリップをして

(クリップの一部は邪魔なのでとりばずしています)

 

・ヨーグルトメーカーにセットします。

R-1なら4312時間(時間は10~13時間でお好みでどうぞ)

(LG21なら427時間)

室温が寒いときは、それより時間プラス

室温が熱いときは それより時間マイナス

 

例:タイマー30時間でセットして18時間になったら(30-18=12時間

30時間にしているのは、12時間過ぎてもいいように・・

18時間になったら

・すぐに冷蔵庫へ数時間冷やす。

 

③失敗の原因

・作る最初にレンジで牛乳を温めていなかったから

・十分に殺菌していなかった。

・よくかき混ぜなかった、かき混ぜ不足←パックはこれポイント

・ヨーグルトメーカーで完成してすぐに冷蔵庫にいれなかった。

 

・牛乳でなく乳飲料をつかったとき

失敗でなく、単に固まりにくかっただけになることが多いです。

乳飲料では固まりにくいものもありますが、ヨーグルトはできます。

ヨーグルトには、□□牛乳(語尾が牛乳)がおすすめです。

牛乳:しぼったままの牛の乳を加熱殺菌したもので、添加物がないもの

乳飲料:原料は乳製品を主体、牛乳由来以外の成分も使用したもの

牛乳と、乳飲料の違いは、

パック一番上にくぼみありが牛乳、

平らでくぼみなしが乳飲料、

 

・ヨーグルトメーカーが故障していた。

普段と同じ牛乳で作っていて連続して失敗したときはこれかも?

2019の9月に連続失敗して、メーカーを買い替えました。

ヨーグルトメーカーの内部の掃除は慎重に説明書通りにしましょう。

 

④ヨーグルトメーカーで市販のヨーグルトはできない
(空気にふれるとLG21菌などは死んでしまいます)

さて、LG21をヨーグルトメーカーで使い作ることは難しいのです。

LG21は編性嫌気性菌(酸素に触れるとダメ酸素のないところのみで生きる

しかし、ヨーグルトメーカーを使い牛乳にLG21を入れ、ヨーグルトが完成します。

これはLG21でない乳酸菌がヨーグルトになった可能性が高いです。

私は、長い間、ヨーグルトメーカーで牛乳にLG21を入れ食べてきました。

それで、胃の調子もよくなり、偶然かもしれませんが、コーヒーも飲めるようになりました。

LG21以外の乳酸菌かもしれませんが、私には、とてもいいヨーグルトです。

市販と同じものをつくりたいなら、R-1やPA-3などでヨーグルトを作ることをオススメします。

R-1やPA-3は、ヨーグルトメーカーで作れます。

R-1菌やPA-3菌は市販にはおよびませんが、残っているとのこと。

 

実際に、いろいろ、ためして、自分に会うヨーグルトを探しましょう。

私は、現在、秋頃からR-1、ゴールデンウイーク過ぎからLG21にしています。

好きな味のヨーグルトはカスピ海ヨーグルトですが、私には合いませんでした。

私には、LG21もどきヨーグルトとの相性が一番いいようです。

その乳酸菌が自分に合うか食べてみないとわかりません。

みなさんも、情報に惑わされることなく、

自分のからだと相談しながらチャレンジしてください。