投資の話したくない体験からの本音

 

webandi / Pixabay

FX、株など投資について

私の体験から思うことを書かせていただきます。

昔、昔の話です。

私が中学生のときの話です。

漫画の週間サンデー、チャンピオンなどに広告があり、

透視メガネ

これかければ、スケスケ、女性の裸体が生で見れる・・

透視メガネ:そんな夢のアイテムが売っていました。

ある日、友人Yが言った、『透視メガネ』を買ったと、

まだ、中を見ていない。

学校の帰り、家に来ないか?

声をかけられた、私を含めた友人たちは、ワクワク、

放課後、友人Y宅へ、

最初に、友人Yがメガネをかけました。

すると、『あれ、・・・』『なんだ???』

数分後、友人Aが、俺にも・・・

友人A   無言・・・

私も、メガネをかけ、・・・

みんな、無言・・・・

誰も、インチキだとか、一言も言わず、その日は解散しました。

数週間後、友人Yが言った、『透視メガネ』をまた、買ったと

今回は、とても高い本物のはずだと、・・・

私を含めた友人たちは、また、友人Y宅へ、

結果は、前と同じ、何も見えない。

昔は、よくこれに似たものが売られていました。

いたいけな中学生が、

内容が内容だけに、公にクレームなんて言えません。

大人のひとも、たぶん、泣き寝入りしたはずです。

よく考えられた商売です。

 

いまは、こんなに分かりやすいひどい商法でないのですが、

もっと、巧妙なものがたくさんあります。

お金儲けになると、そのグレーゾーンがわかりにくくなります。

自己責任という名のもとで・・

ひとの欲望につけこみ・・



例をあげると、FX(外貨取引)も、そのひとつかもしれません。

私は、十数年前にFXにそれなりの金額を投じて、

FXをやっていました。

そんなに知識はいりません、シンプルなのです。

はじめは、うまくいっていました。

しかし・・・

きっと、私にセンスがなかっただけでしょう。

あまり眠れなくなり、胃炎にもなりました。

まわりで、FXで車を買った、家を買ったと

あまり聞きません・・

株では聞きますが・・

素人の私から言えるのは、FXには近寄らないことです。

なんでもそうです、

こうすればいいという、ノウハウを売り物

それが一番儲かるようです。

今思うに、

FXの先生、アドバイザーさんは、

じぶんでは、実際にFXの取引をしていないのではないか?

そんな感じがしています。

そういう、お金の取引で、

自分の欲望の深さ、

自分の性格、

自分がどう行動するか?

試されているのが、よくわかりました。

FXのあと、

私は、株もやりました。

リーマンショックがきました。

その後、震災

結果は・・・

FXも株でもデータ分析など色々しました。

時間もかけました、

理論でなんとかなるのではないか?

と錯覚?

努力したから?

私が一瞬、利益をだせていたのは、運だけかもしれないのです。

向き、不向きがあります。

そう、スマホをいち早く、扱ったのは、

いま思うに

FX、株をするためかもしれません。

 

話がかわりますが、

いま政府主導で、サラリーマンの年金で株を買っています。

それなりに、支えてくれるでしょう。

LINEで株を買える時代になりました。

賢く、冷静な、あなたなら・・

どうすべきか?

わかっているのに・・

みんなが、まだ・・・

勇気ある行動を・・

 

少しでも利益あるうちに、休止しましょう。

特に退職金などまとまったお金を持ったとき

いま、あまりに低金利ですから、

つい、株など・・

高齢のかたには株はおすすめしません。

高齢のかたは、お金を増やすより、

減らさないことを優先しましょう。

知り合いのZさんが、株で儲けたと聞くと、

Zさんが儲けたのなら、私にもできるはず・・

その話の裏には、2倍以上の損出が隠れているかもしれないのです。

 

銀行、証券会社に資産運用の相談はやめましょう

相談会なんて、とんでもないです。

 

とくに、金融機関の窓口は、絶対やめましょう。

その会社が儲かる商品を売ることしか考えていません。

 

投資では、友人、知り合いからの誘いに注意

やってくる儲け話に注意、

はじめに、リスクをきちんと確認する。

手数料の安い商品を選びましょう。

金融機関は高い手数料が利益になります。

たいへんですが、自分で考えて決めましょう。

 

気をつけてください。

私のように、ならないでください。