クレジットカード たくさん作るとダメ

 

Bairyna / Pixabay

今回は私の失敗談です。

クレジットカードを作り過ぎて、クレジットカードが作れなくなったのです。

いまでも、カードの審査に落ちたときの

衝撃は忘れられないです。

色々なことが、頭をよぎり、とても不安になりました。

みなさんには、私のような体験をしてほしくありません。

そのために、この記事を書きました。

 

私はマイルを貯めたいばかりに、

ポイトサイトから、クレジットカードの新規申し込みをしていました。

今なら、XXXポイントもらえる。

XXX還元など・・

今月はラッキーだな・・

なんとなく、新規のクレジットカードをたくさん作るのはダメかな・・

そんなに、気をつけていませんでした。

審査の厳しいカードも簡単に作れたため、

調子にのり、ドンドンカードを新規申し込みしました。

すると、

残念ながら、あなたにカードを発行できないと・・

なんで???

審査の甘い、誰でもすぐつくれるカードなのに???

持っている他のカードは使えるの?

電気代などの引落しは大丈夫?

債務者になったの?

一瞬、色々なことを思い浮かべ

やばいかも・・

すぐ、コンビニに行き、いまあるカードを使ってみました。

使える、よかった。

少し、冷静になり、ネットでググってみました。

そうか、いまあるカードは使える。

半年、クレジットカードを作れないだけなんだ。

よかった。



はじめに、クレジットカードのカード発行、審査について

クレジットカードの仕組みから、

カード会社としてはカードを作って利用してもらうのはうれしいことです。

しかし、カードを使ってもらうことは、お金を貸すのと同じことになります。

あなたにカードを発行して大丈夫か?

あなたが支払い出来るかどうか?

あなたが、お金に困ったことになっていないか?

最初に、自己申告で年収や他からの借入れがないかをみます。

その後、カード会社があなたのCIC情報を確認しにきます。

CIC情報とはあなたがいままで、

どのカードを発行し、どれだけカード持っていて

いつ、どれくらい使ったか、

支払いをきちんとしているか?

どれくらい、借り入れあるかなどの情報を持っています。

カード会社以外でも自動車ローン、住宅ローンのときもCIC情報を利用しています。

他人の情報は見れないですが、自分の情報は申請することで見れます。

例えば、突然、1ヶ月に5枚作るような人はお金に困ってると思われてしまします。

カード会社もカードを作ってほしいのですが、

カードを作るにもお金がかかり、

年会費無料のカードで利益を出すため、

なるべく利用してもらい、

あなたがカードを利用したお店から手数料を取り利益をだすのです。

仮に、あなたが、今月4枚作ったとします。

すると、5枚目のカード会社は、

あなたが自分の会社のカードをずっと使ってくれるのか?

あなたが、お金に困っている可能性があるのではないか?

そこでいったん、カードの発行を止めるのです。

つまり審査に落ちるのです。

審査に落ちたことは、記録されます。

その記録は半年間記録として残ります。

その後綺麗になくなります(原則)

ですから、半年は、他のカードを申し込んでも、

カードは作れません。

1度審査に落ちたら、半年はカードを作れないのです。

例:12月に落ちたら、

その記録が12月から5月まであります。

6月になるとなくなります。

よって、6月から新規のクレジットカードが作れます。

その間、持っているカードをなるべく使用して、きちんと支払いましょう。

カード会社にはあなたがカードを使ったお店から手数料が支払いとなります。

そうすると、カード会社へのあなたの信頼があがります。

 

では、クレジットカードをどれくらい作って大丈夫なの?

これは、私の推測ですが、

1か月に多くて3枚、6ヶ月トータルで5枚くらいまで?

カードを作ってもカードで買い物しないとダメです。

作ったら、一年はカードで買い物してから退会する。

すぐ、退会してはダメです。

少額でもいいから、持っているカードを使いましょう。

それだけ、あなたの信用がアップします。

買い物しないうえ、すぐ退会してしまうと、

このひとは、カードを作るだけのひとだと思われて信用がダウンし、

審査の厳しいカードを作れないことがあります。

みなさんクレジットカードを作るときには、注意してください。

私のようなことにならないようにしてください。