iPhoneはセキュリティソフトが必要性がない

 

congerdesign / Pixabay

知人から質問されました。

アンドロイドには、セキュリティソフトが必要なのはわかるけど、

本当にiPhoneには、セキュリティソフトが必要性がないの?

結論からいいます。

iPhoneにはセキュリティソフトやウイル対策ソフトは必要ありません。

みなさんは、iPhoneにアプリを入れるとき、App Storeからインストールします。

App Storeはウイルス対策が完璧です。

Appleのとても厳しいチェックをしてからApp Storeにのります。

ウイルスが入っているアプリはないのです(たぶん??)

逆に、プログラムを作る側からだと、Appleは、とてもたいへんなのです。

アンドロイドは、比較的、簡単にアプリを公開できます。

その分、ウイルスの入っているアプリが多くなります。

ですから、アンドロイドには、セキュリティソフトが必須になります。

 

iPhoneでアプリをインストールしたときに、

あなたのスマホがウイルスにかかるということはありえません。

パソコン、アンドロイドのようにセキュリティソフトを購入する必要がありません。

 

しかし、iPhoneにあなたの知らないうちにアプリが入っていることがあります。

そのアプリが見えないようなっていることがあります。

たいてい、あなたのiPhoneをロック解除可能な人・身近な人が犯人です。

仕事のとき、iPhoneを置きっぱなし、ロック解除しないまま、

机を離れることなどは、止めましょう。

 

アプリの中には遠隔操作は可能なものがあり、

簡単にiPhoneを乗っ取ることができます。

 

ときどき、入れたこともないようなアプリがないかを自分で確認しましょう。

 

フィッシング詐欺、

ワンクリック詐欺もウイルスではありません。

インターネットで

そのホームページを開いたときに、表示されるものです。

例えば楽天市場をまねたサイトを作成し、楽天市場で注文したつもりが

全然違うサイトに飛ばされ、被害にあうようなことです。

そういうときは、あわてず、ページを閉じればいいです。

つまり、セキュリティソフトだけでは、防げません。

あなたの使い方にかかっています。

一番左に 🔓https: こんな感じになっていますか?
ないときはやめましょう危険です。

いまは、パソコンより、スマホが狙われています。

どんどん、巧妙になっています。

 

さて、主にパソコンの話になりますが、

数年前、ランサムウェアという、

端末を人質にしてお金を要求するものも流行しました。

そのとき、いち早く対応したのは、ESETセキュリティでした。

Windows Defender(=Windows セキュリティ)は確かによくなり、

いまでは、ランサムウェアにも対応しています。

注意:Windows Defenderは、初期設定ではランサムウェア対策されていません。

その対応のスピードは、有料のセキュリティソフトが勝るのではないでしょうか?

こういう、私も、痛い目に合うかもしれないです。

参考:androidスマホ・タブレットにウィルス対策ソフトをいれましょう