国内版・海外版SIMフリーiPhoneの違い

2019/3/30更新

PavelTimanov / Pixabay

 

まず原則として「iPhoneでは、プロファイルは一台につきひとつ、Androidのように複数の通信会社設定ができない」

(例外もあります、裏技でプロファイルをインストールできますし・・)

関連「海外でSIMを入れ替えiPhoneを普通に使う」記事へ

関連「海外にiPhone アンドロイドスマホを持っていく」記事へ

 

国内版・海外版SIMフリーiPhoneの違い

・国内版のSIMフリーiPhoneには、docomo、AU,ソフトバンクなど、

主要な通信会社のプロファイルは、はじめから(デフォルト)で入っている。

プロファイル自体は見えない仕様になっているらしい。

 

プロファイル:iphoneをどこの会社とつなぐかきめるファイルのことです。

 

海外版SIMフリーiPhoneにはデフォルトは、はじめから(デフォルト)プロファイルがない
(私のiPhone6S)

一台のiPhoneで複数の格安SIMなど使用するときは、

Androidのように複数の通信会社設定をもてないので

その都度、いま使用中のプロファイルを削除して

新しい会社のプロファイルを入れ替え(交換)することになる。

原則はiPhoneのSIM交換プロファイルの入れ替え(交換)必要になります。

Androidでは必要ないが、iPhoneはプロファイルを入れ替え(交換)する必要があります。

 

例として「iPhoneでSIMの変更 (IIJmioからSO-net)」の記事あります。

さて、いまさらですが、ジョブズさんは天才ですね。

なんと言っても「スマートフォン」という名前がいい

日本ならPDA端末とか言っていた時代に

(私はPDA端末 シャープのザウルスを使っていたのを思いだします。)

フォンとつけるなんて、なんてすばらしいひとでしょう。

本当は、スマホでは電話は、ひとつのアプリに過ぎないのにネーミングひとつでこんなにも・・

世界に・・・、電話会社が扱えるように・・

 

そうそう、アメリカにはESTA申請が必須です。
【図解・詳細解説】わたしもできるESTA申請」記事も参考に

【公式】POCKETALK_W (ポケトーク) 翻訳機 +グローバル通信(2年) ホワイト