iCloudストレージの空き領域が不足しています

 

Quangpraha / Pixabay

今回は、iPhoneを使っていると、

「iCloudストレージの空き領域が不足しています」と表示がでたことありませんか?

iCloud:Appleが提供するクラウド上のデータ保存サービスです。

クラウドとは、コンピュータ(=サーバー)のどこかに、雲(クラウド)のように、

その雲の中に場所を借りてデータを保存して利用するサービスです。

 

・料金は無料5GBまで

・月に130円払うと50GBまで(これでなんとかいけるかも)

 

まず、iCloudを使用状況をみてみましょう。

「設定」を開き[自分の名前] をタッチ

 

「iCloud」をタッチ

 

iCloudを使用状況がわかります。



解決方法1から3(おすすめ順です)

解決1:無料の5GBまで

iCloudに保存するデータを削除して、必要なデータだけにする。

まず、写真、メールバックアップデータ(iTunes、キャリアなどにバックアップデータあるなら)など削除

たとえば、写真はgoogleフォトなど、他のサービスにすることでiCloudではオフにする。

最低限に必要なデータLINE連絡先(私はgoogleの連絡帳と同期しているので削除)などだけオンして

あとは、きれいに削除して、

「設定」 → [自分の名前]→「iCloud」を開き、

不要なアプリをすべてオフにしましょう。

現在の無料のままで使い続けることができるはずです。

 

解決2:追加容量を購入する

一番簡単なのが、この追加容量を購入するという方法です。

毎月に130円払うと50GBまでOKになります。

 

解決3:気にしない

iCloudに画像や動画、iPhoneのバックアップなどを保存したりする必要がなければ、

「iCloudを使用しているApp」をすべてオフにすることで表示されなくなります。

しかし、LINEを使ってとしたら、LINEの引継ぎではiCloudを使うので、

[気にしない]はおすすめできません。

 

いかかでしたか?

バックアップデータ・連絡先などを

iTunes(パソコンが必要)、キャリア(キャリア変更しずらい)に保存したくない、

パソコン不要通信会社を変えたいなら

iCloudの追加容量を購入して容量をふやすのが、

一番シンプル・簡単・安全な使いかたになります。

 

私は、連絡先はgoogleと同期、写真は大事なものだけパソコン、タブレットなどにあり、

なるべく身軽にしています。

写真などは、すぐに断捨離するようにしています。

それ以外、大事なデータは電子機器に持ちません。

とくに電子機器にバックアップデータを持っていません。

 

以前はすぐスマホなどで写真を撮っていましたが、

最近は、写真を撮らず、自分の目でじっくりみることを心掛けています。

旅先でもなるべく、目に焼き付けるように、

特に、風景なんか、じぶんよりプロの写真をあとでみればいいので、

ほぼ、写真を撮らなくなりました。

 

去年から、手書きの手帳にも予定を書くようにしています。

できたら、アナログに戻りたいのですが・・

それは、不可能・・・

本当に残すべきものは・・・??