iPhoneでgoogle mapをオフラインで使う

2019/07/02更新

Marcii / Pixabay

もし、あなたが海外旅行に行くなら

オフラインで使うGoogleマップ」があると海外旅行でとても役に立ちますよ。

今回は、iPhoneにオフラインで使うGoogleマップを設定しましょう。

 

オフラインとは:ネットワークに接続されていない状態のこと。

Googleマップは、事前に地図データをダウンロードしておけば、

オンライン時と同じように地図を表示し、

経路検索ナビとしてスポット検索などもおこなえます。

 

しかし以下の注意点①~④があります。

注意点①:オフライン機能の対応エリア非対応エリアがある。

地図データをダウンロードできるエリアダウンロードできないエリアがある

 

注意点②:事前にインターネット環境で目的のエリアの地図をダウンロードしておく必要がある

 

注意点③:地図の保存期間30日間です。

旅行の30日前にダウンロードしたら、期限切れる前に更新(再ダウンロード)しましょう。

 

注意点④:ネットなしため、現在位置がわかりにくい知らない場所ではたいへんかも・・

 

海外にiPhone アンドロイドスマホを持っていくとき

 

実際にiPhoneで設定しましょう。

2019/04/11時点
iPhone6S(ios12.2)

㋐Googleマップをナビ代わりに使う準備、GPS機能をオンにしておきましょう。

 

「設定」→「プライバシー」

 

「プライバシー」→「位置情報サービス」をオン

 

下に表示される「Google Maps」をクリック

 

使用時だけGPSを利用するため「このAPPの利用中のみ許可」

 

これで、Googleマップをナビ代わりに使う準備

Googleマップ使用のときだけGPS機能をオンの設定になりました。

 

㋑Googleマップをダウンロードしましょう。

まず、インターネットがつながっているWiFiあるところでしましょう。

ダウンロードしたいエリアの地図を開きましょう。

例、ニューヨークをダウンロードするとして、

もし、Googleログインしてなかったらログインしましょう。

 

左上の「三本線のメニュー」をタッチ

 

「オフラインエリア」をクリック

 

「自分の地図」をクリック

 

指先で画面を拡大・縮小させて範囲を指定し「ダウンロード」クリック

(ダウンロードできる範囲は限度があり、入りきらないとき、
別々にダウンロードしましょう)

 

 

ダウンロードが100%になり

 

地図5としてダウンロードされました。

(地図の保存期間が30日間なので29日後に切れますよと)

【地図5】を【NYC】へ変更したいなら「右上のペン」クリック

 

 

これで、名前が【NYC】になりましたね。

これでダウンロード完了です。

 

たとえば、下記のような案内もOKです。

 

オンラインのGoogleマップと同じように使えますが・・・

ただし、自分の現在位置には、時間がかかったり・・

オンラインのようにいかなので、地図として見てください。

知らない土地では、自分の現在位置が大事ですけど・・

バスに乗ったりしたら、現在位置は必要になるかな・・

やはり、オンラインがいいかな・・

数年前のスマホないときは、地図あるだけでもよかったなあ・・

ひとに聞くのも、思い出になるときあるし・・

スマホで下ばかり見るのも、なんか・・・

 

これで、海外で、たとえば、ニューヨークで

インターネットなしでGoogleマップを使ってみてください。