復元ポイント自分で作成

 

auenleben / Pixabay

パソコンがなんとなく調子が悪いなあ・

まず、パソコンが不安定なときシャットダウンより再起動しましょう。

調子のよかった数日前に戻したいときありませんか?
それをかなえてくれるのが復元ポインです。

復元ポイントとは大型アップデートなど大きな変更あるとき
Windowsが変更前のその時(ポイント)まで戻れるように
自動でそのポイントを作成してくれます。

復元ポイントが自動作成されるには、
Windowsシステムが有効であるという条件があります。
普通は有効になっていますが確認だけしておきましょう。

そのポイントを自分でつくる方法・システムの有効確認の説明です。

つくる回数が増えるとディスクが一杯になります。
その兼ね合いが難しいですな・・

正直、この復元ポイントは作らなくてもそんなに問題になりません。
システムが有効の確認だけしましょう。

ちなみに、私はラッキーなことに戻したことないです。

セキュリティ対策、パソコンで日頃からやること⇓

 

【作業開始です】

・「システムの保護」の確認です。

システムの保護が有効のときシステムが自動復元ポイントを作成します。
普通は、有効になっています。

 

「スタート」クリック「設定」クリック

 

「復元」と入力

 

「復元ポイントの作成」クリック

Windowsのシステムが【有効】を確認

 

もし、無効なら「構成」クリック

 

「システムの保護を有効」クリック

確認できましたね。

 

・自分で復元ポイントを作成しましょう。

「作成」クリック

 

何か説明を入力して「作成」クリック

 

これで、復元ポイントができました、お疲れ様です。

 

・もし、復元ポイントに戻すなら

「システムの復元」クリック

注意:復元ポイントより現在までのデータなどはなくなります。
バックアップするなりして
本当にもどしていいか確認してから戻してください。

その中で選んでください。