Windows10のバージョンアップ

Windows10では年2回程度の大型アップデートがきます。
(年2回は多すぎと思うのですが・・・)

大型アップデートとはWindows7から10になるようなもの
すぐ、次々とアップデートがきます。

私のシステムは現在1903です。
(システムの確認は下の記事:パソコンのバージョンを確認する方法

Windows10のバージョンが1903のサポートが2020/12/8に終了になるそうです。
とりあえず、1909にバージョンアップしましょう。

バージョンアップは慎重に 2009(20H2)は不具合が多いようです。
1909はしばらく経っていて、問題ないので、今回は1909にします。

1809から「更新とセキュリティ」→「ダウンロードしてインストール」を
自分でクリックしないかぎり1909などの新しいバージョンにはなりません。

windows10のアップデートがじぶんできめれる⇓

しかし、そのバージョンがサポート終了のとき自動更されてしまうかもしれません。

Windows10バージョン情報     リリース ~ サポート期限
1809 October2018Update        2018/10/02~2020/11/10
1903 May2019Update              2019/05/21~2020/12/08
1909 November2019Update     2019/11/12~2021/05/11
2004(20H1)May2020Update     2020/05/27~2021/12/14
2009(20H2)October202Update 2020/10/20~2022/05/10

 




 

準備編

月に一回はWindows Updateの更新の履歴を確認しましょう(2020/11/1追加)

最近のWindows Update更新がされているか確認しましょう。

信頼性モニターからみてもパソコンに異常はないですね。

・ダウンロード更新に大型アップデート 更新の表示があるとき

そのバージョンに不具合がないですか?
(リリースから十分時間がたち、バグがないとき)

(できたら回復ドライブを作成しておきましょう)
(アップデート後のトラブルのために・・・あとで後悔しないように・・)

では、手動でWindows10の大型バージョンアップしましょう。

 

手動でバージョンアップします

「スタート」クリック「設定」クリック

「設定」➡「更新とセキュリティ」クリック

 

「Windows 10、バージョン1909の機能更新プログラム」
が表示されていることを確認します。

ダウンロードしてインストール」をクリック

 

再起動を促されたら「今すぐ再起動」をクリック

無事にパソコンがたちあがりましたら、バージョン情報を確認してみましょう。

お疲れ様でした、1909になりました。

 

さてWindows10がバージョンアップすると、

ドライバ、アプリ、BIOSもバージョンアップが必要になるときがある。

普通は、パソコンから通知きて自動でやってくれます。

(下の作業はしなくていいです、自動のはずです)⇓

余裕あるひとは、買ったパソコンのホームページでサポート情報をみてください。

例:レノボのときは「Lenovo サポートサイトへようこそ」で検索➡

Lenovo サポートサイトへようこそ、お探しの製品は何でしょうか?
製品名、シリアル番号を入力して必要なバージョンアップしましょう。

 

・システムバージョンアップし、IME日本語入力の言語バーがきえたとき

 

 

参考パソコンのバージョンを確認する方法】

「スタート」クリック「設定」クリック

 

「システム」をクリック

「システム」が表示、左側の項目下のほう[ バージョン情報 ]をクリック

少しだけ下のほうに見えます。

上の記事にもどる⇑

そうそう、毎月第2水曜日か第3水曜日Windows Updateの日です。
(更新プログラムがきて時間かかるかも・)

新しいパソコン設定レノボ←ここに