新しいパソコン設定レノボ

 

最初のほうは、パソコン初期セットアップの説明です。

後半は、日頃のメンテナンス・役に立つ情報などです。

パソコンがWindows10になってから、

昔とくらべると、パソコンの設定が面倒になりました。

このサイトは少しでも、あなたの役にたつように作りました。

元々、詳しい説明書ないパソコン(レノボ)を買った知人・友人のために立ち上げたサイトです。

今回はレノボを主に例にしてあります、他のメーカーもOKです。

このサイトをスマホで見ながら買ったパソコンを設定しましょう。

パソコン買ったなら、なるべく早めに回復ドライブを作成しましょう。
(不具合でたとき、そのパソコンだけの回復ドライブが必要です)

さて、パソコンを使い、遅いなあ、なにかへんだな・・

それには、たくさんの対処の仕方があります。

また、バージョンアップなどの必要な情報も更新しています。

そんなとき、このサイトをまた見にきてください。

このサイトはいままでのパソコン記事のまとめです。

そんなあなたのために役にたってくれるはずです。
(色々なことを下にまとめてあります目次から探してみてください)

 

例.8. 重要 回復ドライブを作成する 早めに作成しましょう。
(そのパソコンだけの回復ドライブがないとパソコンを初期化できません)

例.19. パソコンが不安定なとき(役に立つはず)
(ボリュームあります①~⑪の項目を実施すればほとんど解決するでしょう)

例.24.Windows7サポート終了 ネットワークを無効に
無線LAN・有線LANをやめる、Windows7のままでネットに接続する説明など

 

【目次です】

【セットアップ編】

1. セットアップ前の準備
(サインインするアカウントは2種類)

2. 初期セットアップ開始です。
(実際の写真・図解でわかりやすく解説)

3. ウィルス対策ソフトを作動させましょう。

4.パソコン 基本情報の確認
(Windowsのバージョン、64bit、メモリ8Gなど)

 

【おすすめ設定・メンテナンス・故障関連】

5.デスクトップ上にコンピューターとコントロールパネルを表示
(コントロールパネルはよく使います)

6. レノボノートパソコンのタッチパットを無効にする。

7. レノボ バッテリーを長持ちに

8. 重要 回復ドライブを作成する 早めに作成しましょう。
(そのパソコンだけの回復ドライブがないとパソコンを初期化できません)

9. 重要 普段から気を付けること。

10. 定期的にやるといいこと。

11. NEW ストレージセンサーを有効に
(ゴミ箱・アプリの一時ファイルなどを自動で掃除します)

12. 高速スタートアップを無効に
(PC起動で、ネットがつながらないなどトラブルがないようにする)

13. XP・Windows7・8のアプリをWindows10で使う

14. NEW Windows大型アップデートがきます(確認してください)

15.  Windows Updateで「更新プログラムのチェック」をしないように
手動での更新はやめましょう、パソコンにおまかせ)

16. スタートアップをオンからオフへ
(必要のないアプリを無効にします)

17. バックグランドアプリをオンからオフに
(勝手に動いているアプリを止めます)

18. 起動時のパスワード省略して快適に

19. パソコンが不安定なとき
(ボリュームあります、①~⑪の項目を実施すればほとんど解決するでしょう)
信頼性モニターというシステムの変化がわかるツールがあります。

20. ノートパソコン キーボード勝手に動いて困るとき

21.プライバシーの設定を確認
(個人情報をアプリなどが勝手に収集しています、その設定変更です)

22. 折れたキーボードの足? 簡単修理

23. USBメモリなどの取り外し
(いきなりUSBを外すだけ簡単になりました)

24.NEW Windows7サポート終了 ネットワークを無効に
(無線LAN・有線LANをやめる、Windows7のまま使う例など)

 

【おすすめパソコンなど】
(パソコンを買うとき参考に↓)

a. (10/25更新) わたしのおすすめパソコンについて
(わたしが使用中のパソコンを紹介しています)

b. 大学生におすすめパソコン

c. ノートPCに外部ディスプレイのおすすめ

d. (人気)ノートパソコンを閉じても外部ディスプレイに表示

e. Windows7からWindows10にアップグレードのすすめ

f.ノートパソコンはできたらキーボードを叩いてから買いましょう

 




【セットアップ編】

1. セットアップ前の準備

[最初にアカウントについて]

サインインするアカウント2種類
ローカルアカウントMicrosoftアカウントがあります。

ローカルアカウント:アカウントを作成したパソコンだけで利用、個人設定など同期されません。
インターネットに接続しなくても設定可能になります。

Microsoftアカウント:複数のパソコンで同じアカウント使え個人設定など同期できます。
インターネットに接続する必要があります。

Microsoftアカウントないひとは、
Microsoftアカウントは日本語はダメ(英数)なのでゆっくり作りましょう。

・Microsoftアカウントをお持ちの人はMicrosoftアカウントでサインインします。
次に『PINの設定』ですが、あとにしましょう。

PINを設定したならそのパソコンだけしかログインできません。
他のパソコンからでもMicrosoftサインインNGになるからです。

パソコンの使い方決め手からにしましょう。

今回は『ローカルアカウント』で設定します。

 

・ネットの環境(ネットに接続するときパスワードなど)を用意します。

・箱をあけパソコン本体と付属品を整理します。

製品の保証書、 パソコンのシリアル番号、

OfficeついていたらOfficeのシリアル番号などの確認しておきます。

説明書があったらよく読みましょう、

このサイトをみれば、なんとかなるでしょう。

さあ、設定開始です。

 

2. 初期セットアップ開始です。

まず、パソコンの電源を入れます。

しばらく待ちます。

画面に従い操作しましょう。

今回はMicrosoftアカウントではなく

ローカルアカウントでサインインします。。
よって、ネットなしでセットアップできます。

 

ここから⇓

初期セットアップ開始です

(注:パソコンにより以下の順番にならないことがあります)
〔2018/10月頃の画面バージョン:1709 1803〕

 

 

3. ウィルス対策ソフトを作動させましょう。

ウィルス対策ソフト(セキュリティソフト)は

悪意のあるソフトウェア(ウイルス・スパイウェアなど)アプリを

検出し、削除してくれます、ないと困るものです。

買ったままの最初は「Windows Defender」が起動しています。

Windows Defenderは、Windows 10に最初からあるセキュリティソフトです。
(無料の買ったりしなくていいソフト)

Windows10を起動した瞬間から自動で動いています。

「Windows Defender」は優秀になりました。

仕事でパソコン使用していないなら、

Windows Defenderで十分でしょう。
「有料セキュリティソフトの期限が切れ」の心配もなくなります。

仕事で使用のひとは、メール・ファイルを送信したりなど、

他人への影響を考えると、
私は、市販セキュリティソフトをいれたほうがいいと思います。

レノボならMcAfeeがはいっています。

McAfeeを起動しましょう。

別のウィルス対策ソフトにしたいとき←ここから

もし、市販セキュリティソフトを入れたときは

ほとんどの市販セキュリティソフトをインストールすると、

Windows Defenderを自動無効にし、市販セキュリティソフトが有効になります。

 

4.パソコン 基本情報の確認

今回はパソコン 基本情報の確認です。

Windows10システムのバージョンは?

あなたのパソコンが32ビット、64ビット

メモリは8G?など

 

ここから⇓

パソコン 基本情報の確認

以上である程度のセットアップ完了です。
お疲れ様です。

 




【おすすめ設定・メンテナンス・故障関連】

5.デスクトップ上にコンピューターとコントロールパネルを表示

デスクトップ上に「コンピュータ」と「コントロールパネル」を表示させます。

コントロールパネルはよく使います。

 

ここから⇓

デスクトップ上にコンピューターとコントロールパネルを表示

Windows10コントロールパネルを表示
(コマンドでコントロールパネルをだす)

 

 

6. レノボノートパソコンのタッチパットを無効にする。

ノートパソコンのタッチパット(下の赤い部分)に触れると、

マウスが動くので動かないようにします。

ここから⇓

レノボノートパソコンのタッチパットを無効に

 

 

7. レノボ バッテリーを長持ちに

レノボノートパソコンをACアダプターを差したままのひとのために

レノボノートパソコンのバッテリーを長持ちさせる方法です。

ACアダプターを差したままならバッテリーが劣化します。

パソコンの設定を変更しバッテリー55~60%にする方法です。

 

ここから⇓

レノボ バッテリーを長持ち

 

 

8. 重要 回復ドライブを作成する 早めに作成しましょう。

なぜ、回復ドライブの作成が重要なのか?

パソコンが動かない。

ハード上で問題がなくプログラムが壊れているときがあります。

パソコンを初期化して立ちあげたいとき

そのパソコンだけの回復ドライブがないとパソコンを初期化できません。

他のパソコンの回復ドライブではだめなんです。

それはパソコンの死を意味します。

初期化用のその回復ドライブで作っておいたときだけ工場出荷に戻せるのです。
ぜひ、つくりましょう。

もし、あなたのパソコンにリカバリーディスクが付属していたら不要です。
(昔はリカバリディスクが付属するのはあたりまえでした)

回復ドライブとは、プログラムが壊れているとき工場出荷の状態に戻せる、
リカバリディスクと同じもの。

 

ここから⇓

回復ドライブを作成する

 

 

9. 重要 普段から気を付けること。

・Webホームページの先頭https: http: ありますか ?
  ないのは危険です。

・ホームページでの決済などの画面のとき、鍵マークがでてますか?
一番左に 🔓https: こんな感じになっていますか?

ないときはやめましょう危険です。

・知らないアプリは入れないこと。

・パソコンを他人(特に初心者)に使用させるとき気を付けましょう。

私の一番のおすすめはパソコン内部・クラウドに大事なデータを極力持たないことです。

データの断捨離をしておきましょう。

持たないが一番のセキュリティ対策です。

 

 

10. 定期的にやるといいこと。

A:ウィルス対策ソフトのバージョンアップ・ウィルス駆除をしましょう。

・最新(日々の更新は自動)ですがバージョンアップは手動です。

参考:ウィルスに感染してないか?

バージョンアップ情報くるようにメール設定しましょう。

・月一回は検査(ウィルス駆除)しましょう。

念のためセキュリティソフトがきちんと動いているか?

参考:セキュリティソフトの確認

 

B:WiFi無線ルーターを最新にしておきましょう

はじめから自動で最新になるルーターを買うとらくちんです。

年一回でいいのでルーターのホームページにアクセスし最新にしましょう。

C:年に一度はデータのバックアップをしましょう。

できたら、二重にバックアップしてください。

自分で無くなったら困るデータをバックアップします。

参考:WiFi無線ルーターもアップデートしましょう

 

 

11. NEW ストレージセンサーを有効に

Windows10にはストレージセンサーという

自動でゴミなどを掃除してくれる機能があります。

ゴミ箱の中、アプリの一時ファイルなどを自動で掃除します。

ストレージセンサーがオフのときはオンにしましょう。

①ストレージセンサーのオン・オフ?を確認しましょう。

②オンにしたなら自動で動くタイミングを決めましょう。

ストレージセンサーの動くタイミングは
「毎日」「毎週」「毎月」「ディスクの空き領域の不足時」
「Windowsによっ決定されたとき」に決めることができます。

自動なので自然に掃除してくれます。

③ハードディスクが一杯のときに
ストレージセンサーの「今すぐ空きを増やす」クリック

スキャンがはじまり、自分の選んだファイルをクリック
そのファイルを削除できます。

 

ここから⇓

ストレージセンサーを有効に

 

 

12. 高速スタートアップを無効に

最近「高速スタートアップ」無効になっているようです。

高速スタートアップ無効の確認だけしておきましょう。

PCをシャットダウン➡電源ON 高速スタートアップ有効になっていると、

パソコンが正常に立ち上がらないことがある。

高速スタートアップ」とはシャットダウンのとき、

PCのシステム情報を保存し次のPC起動が早くなる機のこと。

(最近まで初期設定では「高速スタートアップ」が有効になっていました)

高速スタートアップの欠点①から④があります。

①USBなど周辺機器が認識されない。

②ネットが急につながらなくなる。

③パソコン起動時にF2でBIOSにできない。

④Windows Updateが適用ならないことがある。

高速スタートアップ」を無効にすると、

次からPCをシャットダウン➡電源ONは、

システムを完全に終了してから色々な情報をはじめから読み込みます。

「高速スタートアップ」を無効にしましょう。

実際、私は無効にしていますがON・OFF起動時間はほとんど変わりません

 

ここから⇓

高速スタートアップ無効に

 

 

13. XP・Windows7・8のアプリをWindows10で使う

Windows 10にアップグレードしたらXP・window7・8アプリ動かない、

こまったなあ・・古いアプリを動かすための互換モードがあります。

さっそく、うごかしてみましょう。

 

ここから⇓

XP・Windows7のアプリを10で使う

 

 

14. NEW Windows大型アップデートがきます。

いまwindows10の大型アップデート「November 2019 Update1909がきています。

1903のひとは【今すぐダウンロードしてインストールというリンク】を

クリックしたときだけ「November 2019 Update」1909になります。

1809から「更新とセキュリティ」→「今すぐダウンロードしてインストールする」を
自分でクリックしないかぎり次のバージョン1903・1909にはなりません。

「更新とセキュリティ」をクリックし、
Windows10を最新にすることを、わたしはおすすめしていません

Windows10の「更新とセキュリティ」をしないように

 

とりあえず、様子見でいきましょう。

今回は大きな変更はなく2020年春以降となるそうです。

みなさんは、そのまま、1903あたりでOKです。

バグらないことをお祈りしています。

1803のひとは自動更されます。

(2019/11/12にサービスが終了のため)

ここから⇓

Windows10のバージョンアップ

 

 

15.  Windows Updateで「更新プログラムのチェック」をしないように

常に、「更新とセキュリティ」をクリックで最新にしている人も多いでしょう。

実は、それはあまりおすすめしません。

あなたのパソコンに合わない累積更新プログラムインストールされてしまうことがあります。

そのため、以後、Windows10のアップデートに支障が出かねないことになるのです。

Windows10の更新を自動更新だけに任せましょう。

 

ここから⇓

Windows10の「更新とセキュリティ」をしないように

 

16. スタートアップをオンからオフへ

必要のないアプリがはじめから起動していると、

へんなメッセージでたり、パソコンが不安定になったりします。

そこで、パソコンのスタートアップを確認し、

パソコン起動時のアプリを起動しないようにします。

はじめから起動する必要ないアプリはオフにしましょう。

スタートアップ:パソコンが起動したとき動きはじめるアプリのこと。

 

ここから⇓

スタートアップを無効にする

 

 

17. バックグランドアプリをオンからオフに

パソコンの動きが鈍くなる要因のひとつに

自分で起動していないのに、

勝手に動いているアプリがあります。

それを確認して、

不要なアプリ止める方法の説明です。

 

ここから⇓

バックグランドアプリをオフに

 

 

18. 起動時のパスワード省略して快適に

パソコンの電源を入れるだけで、

パソコンが立ち上がるようにします。

いちいちパスワードの入力がめんどう・・

そんな、あなたに・・

 

ここから⇓

Windows 10 起動時のパスワード省略

 

 

19. パソコンが不安定なとき
(①~⑪の項目を実施しましょう)

パソコンが不安定なとき

なんか動作が重い感じ

今回は、その作業のまとめです。

以下の項目を実施してみましょう。

1.高速スタートアップを無効に

2.周辺機器を取り外す。

3. ウィルスに感染してないか?

4. 信頼性モニター 不安定な原因を

5.タスクマネージャーから

6.バックグランドアプリを無効に

7.ドライバーを最新に

8.NEWハードディスクの容量を増やす。

9.システム ファイル チェッカーを使う

10. 復元ポイントで過去に戻す

11. 回復ドライブを使いパソコンを初期状態に

信頼性モニターというシステムの変化を自動で表示し、

原因を特定できるツールがあります。

 

ここから⇓

パソコンが不安定なとき

 

 

20. ノートパソコン キーボード勝手に動いて困るとき

ノートパソコン キーボードで作業中

キーボードで打っているとき、

文字が急に大きくなったり、

マウスが勝手に動いたり

手っ取り早く外付けキーボードを使うのがいいでしょう。

 

ここから⇓

キーボード勝手に動くなら

 

 

21. プライバシーの設定を確認

Windows10のパソコンでは、

個人情報をアプリなどが勝手に収集しています。

デフォルトのままだと、

そのまま、あなたの情報が知らないうち

収集されてしまいます。

それが、必要なもの、不要なものがあります。

そこで、少し面倒なのですが、

項目ごとに、確認してON、OFFの設定をしましょう。

ここから⇓

プライバシーの設定を確認

 

 

22. 折れたキーボードの足? 簡単修理

キーボードの足?が折れて

接着剤でなおし、なおし使ってました。

しかし取れてしまうのです。

うーん困った目の前に、

ダブルクリップ

これ使えるかも・・これでいこう。

意外と弾力もあり、使い勝手もいいのです。

ここから⇓

折れたキーボードの足? 簡単修理

 

 

23. USBメモリなどの取り外し

USBメモリなどの取り外しのことです。

最近のその作業が簡単になりました。

ただ、外したいUSBなどを外すだけ」になりました。

いままで、USBメモリなどを安全に取り外すためには一連の操作が必要でした。

通知領域にあるはずしたい「USB」をクリックし、

ハードウェアを安全に取り外してメディアを取り出す」となってから外していました。

しかし、Windows10システム1809からは正式に不要になりました。

 

ここから⇓

USBメモリの取り外し

 

24. NEW Windows7サポート終了 ネットワークを無効

Windows7のサポートが終了 2020年1月14日が近くなりました。

そのとき、無線・有線LANをやめたいひとのための説明です。

また、2020年1月14日すぎてもネットに接続する方法の説明です。

Windows7のままプリンターを有線ケーブルでつなぐことで

パソコンを長く使い続ける説明など・・

 

ここから⇓

Windows7サポート終了 ネットワークを無効に

 

 

【おすすめパソコンなど】
(パソコンを買うとき参考に↓)

a. 注目 わたしのおすすめパソコンについて

私がいま使っているパソコンはディスプレイの裏側にパソコンを取付しています。

どういうパソコンを買うといいのか?

私の1番のこだわりはSSDにしてほしいのです。

HDDでなくSDDがいいのです。

CPUはインテルもいいですが、AMDのRyzenもおすすめです。

Ryzenは価格が安く、高性能でとてもおすすめです。

 

ここから⇓

おすすめパソコン選び、見やすい目にやさしい設定

 

 

b. 大学生におすすめパソコン

知人から子供が大学で使うノートパソコンについて聞かれたからです。

本当にその性能が必要なのか?値段?

なぜ、いまどきHDDなの?など・

HDDならよほど事情がない限りやめてください。

「時間と労力の無駄になります」SSDでお願いします。

下記①から④のパソコンを買いましょう。

CPU:Core i3以上

②メモリ8GB以上

③ストレージ:256GB以上のSSD(HDDはダメ)でお願いします。

④officeが必要なら「Microsoft Office Home and Business」

 

ここから⇓

大学生におすすめパソコン

 

 

c. ノートPCに外部ディスプレイのおすすめ

ノートパソコンをもっているけど、もう少し大きな画面でみたいなあ

そんな、あなたにパソコンに別のディスプレイを買い、

HDMIケーブルでつなぐだけで簡単です。

ここから⇓

パソコン外部ディスプレイのおすすめ

 

 

d. ノートパソコンを閉じても外部ディスプレイに表示

ノートパソコンに外部ディスプレイをつなげながら

ノートのフタ閉めるとパソコンがスリープにならないようにするため

ここから⇓

ノートパソコンを閉じても外部ディスプレイに表示

 

e. Windows7からWindows10にアップグレードのすすめ

Windows72020年1月終了します。

まだ、Windows7からWindows10にできます。

昨日、知り合いから報告がありました。

IBMの古いノートパソコン

32bitのWindows7をWindows10にした。

ネットからUSBでWindows10をダウンロードして、

デジタル認証もプロダクトキーなど必要なかったとのことです。

ここから⇓

Windows7からWindows10にアップグレードのすすめ

 

 

f.ノートパソコンはできたらキーボードを叩いてから買いましょう

ノートパソコンはキーボード交換できないのです。

ハードに、たくさんキーボードを使うみなさん

できるだけ実際に文章を打ってみましょう。

ノートパソコンを買うとき、実はとても重要なのがキーボードなのです。

ここから⇓

ノートパソコンのキーボードは交換できません。

 

 

長い間、読んでいただきありがとうございます。

また、私のブログにリンクを貼ってもOKです。

この投稿は去年の[新しいパソコン設定レノボ]が原因不明で更新しにくいため

新たに書き直しました、よろしくお願いいたします。