プライバシー 設定を確認

 

webandi / Pixabay

Windows10のパソコンでは、

個人情報をアプリなどが勝手に収集しています。

デフォルトのままだと、

そのまま、あなたの情報が知らないうちに

収集されてしまいます。

それが、必要なもの、不要なものがあります。

そこで、少し面倒なのですが、

項目ごとに、確認してON、OFFの設定をしましょう。

大きくみれば、2つあります。

①アプリのアクセス許可から設定を見直す。

②マイクロソフト情報収集の設定を見直す。

それぞれの、設定を確認しながら、

必要に応じて、ONにしたり、OFFにしましょう。

 

面倒なときは、そのままでもいいかも・・

勝手に収集されたからといっても、

実際に、そんなに影響はないはずです。

パソコンを仕事で使用していて、何か心配なひとは、

設定を見直しても、損はないでしょう。



【作業開始です】

①アプリのアクセス許可から設定を見直す。

「スタート」クリック→「設定」クリック

 

「プライバシー」クリック

 

【アプリのアクセス許可】の項目を

下のほうに移動しながら、それぞれを見直しましょう。

位置情報、カメラ、マイク、通知・・・

 

例として、『位置情報』は

位置情報は、ON(オン)にしたほうがいいです。

地図アプリを利用したとき

OFFだと、

現在位置が不明になり、使いにくいことになります。

それ以外のカメラ、マイクなどは、同じように、

自分が普段使うアプリに影響を与えないときは、OFFにしましょう。

 

②マイクロソフト情報収集の設定を見直す。

マイクロソフトでは、Windowsの開発に役立てるため、

使用情報を自動で送信するしくみになっています。

その設定を変更するには、

「プライバシー」→「全般」からできます。

 

①と同じように

↓「スタート」クリック→「設定」クリック

↓「プライバシー」クリック

「全般」クリック

 

すべてオフでもOKです。

 

『Webサイトが言語リストにアクセスできるように・・・』のみオンがおすすめです。

これで、プライバシー設定の確認は終了です。

お疲れ様でした。