キャッシュレスは危険がいっぱい だまされないで

 

ingewallumrod / Pixabay

今回は、政府のポイント還元政策により

知り合い、まわりのひとがなんとかPayを使いはじめました。

ポイント還元もあり、確かにお得でしょう。

しかし、待ってください。

なんとか PayなどのQRコード決済は特に危険です。

補償はXX万円までだとか会社によりまちまち

QRコード決済では、悪用のときの補償内容はまだ確立されていません。

あんなに普及していた中国ですら利用者が減少しているのです。

レジに並んでいた後ろの人からスキャンされ、悪用されるケースが増えているからです。

日本でも似たような被害は増えています。

スマホの端末ロックの暗証番号が単純なもの、わかりやすいものだと保障されません。

 

さて、クレジットカードについて

あなたは、クレジットカードの裏にサインしていますか?

していますよね、私もしています。

それは、じつは間違いなのです。

盗まれたらすぐにマネされて悪用されます。

新しいカードが届いたら、サインは止めましょう。

買い物後にカードにサインを求められるのは日本だけです。

サインは海外の人が真似しにくい、漢字がいいかも・・

海外ではサインの代わりに4桁から6桁の数字を端末に入力します。

裏にサインしていると、マネされて悪用されます。

カード会社が過去のサインと見比べて不正がわかるからです。

しかし実際、カード裏のサインを見比べる店員さんをみたことないし、

最近、日本でもサインでなく、数字入力が増えました。

仮に自分のクレジットカードが悪用され使用されたとしても

ほとんどが、自分に落ち度がないがぎり、保証されますので

クレジットカードはとても安心です。

しかし、小さい店、飲み屋、怪しいそうな店でクレジットカードを使うと、

同じカードを作られたり、悪用されることがあるので、

クレジットカードを使うところは、有名なしっかりしたお店にしましょう。

 

なんとかPayのQRコード決済を使うとき、

後ろのひとなどに気をくばり、スキャンされないようにしましょう。

高額な金額の入金はやめたほうがいいでしょう。

とにかく、スマホを失くさないようにしましょう。

ちなみに、わたしは、モバイルスイカをガラケーのときから十数年使ってきましたが、

最近、モバイルスイカを止めました。

スマホには、キャッシュレス決済するのはなにも入れていません。

おかげで、機種変更も楽になりました。

とはいえ、普段私は現金よりクレジットカードをよく使います。

なんとかPayと比較すると、悪用されたときの保証がしっかりしていますから。

 

残念ながら、政府のポイント還元政策は

QRコード決済・クレカの被害拡大させる政策にしかみえません。

みなさん、気をつけてください。

そのうち、セキュリティもよくなり、

安心してキャッシュレスが利用できるようになりますように・・