ストレージセンサーをオン 有効に

 

StockSnap / Pixabay

2019/07/24に記事を書き換えました。
よろしくお願いいたします。

Windows10には、自動ゴミ・アプリ掃除してくれる機能があります。

ストレージセンサーといい、

設定オンにすると自動でゴミ箱の中、アプリの一時ファイルなどを掃除します。

その機能を動かすタイミングを選ぶことができます。

ストレージセンサーオフならオンにしましょう。

ストレージセンサーは「ディスク クリーンアップ」の自動版です。
ディスク クリーンアップと同じ機能です、そのうちなくなる予定です。

Windows 10 1709 Fall Creators Update(2017年10月17日)
から「ストレージセンサー」という新機能が追加になりました。

ディスク クリーンアップ:不要なファイルを手動で掃除する。
(いままで面倒でした)

①ストレージセンサーのオン・オフ?を確認しましょう。

②オンにしたなら自動で動くタイミングを決めましょう。

ストレージセンサーの動くタイミング
「毎日」「毎週」「毎月」「ディスクの空き領域の不足時」
「Windowsによっ決定されたとき」に決めることができます。

自動なので自然に掃除してくれます。

 

③ハードディスクが一杯のときに

ストレージセンサーの今すぐ空きを増やすクリック

スキャンがはじまり、
自分の選んだファイルをクリック
そのファイルを削除できます。

 




【目次】

①オン・オフか、確認してみましょう。

②ストレージセンサーが作動するタイミングを決めます。

③手動で空きを増やす方法です。

 

【作業しましょう】

①オン・オフか、確認してみましょう。

「スタート」クリック「設定」クリック

 

「システム」クリック

 

「ストレージ」クリック

 

オン」ならOKです。

ストレージセンサーがオフならオンにしましょう。

 

②ストレージセンサーが作動するタイミングを決めます。

空き領域を増やす方法を変更」クリック
ストレージセンサーの動くタイミングを決めます。

毎日
毎週
毎月今回はこの条件にしました。
ディスクの空き領域の不足時

これで、毎月自動で掃除してくれるようになりました。

 

一時ファイルの削除するタイミングの設定をします。

これで、一時ファイルは、30日後自動削除されることになりました。

③手動で空きを増やす方法です。

「今すぐ空きを増やす」クリック

 

スキャンが始まります。

 

削除したいファイルの左にチェック
ファイルの削除」クリック

これで、手動にて6.68GBが空きになりました。

Windows10では【ディスク クリーンアップ】と同じ機能で

ストレージセンサーという機能が増え、自動になりました。

ぜひ、ストレージセンサーを自動にして快適なパソコン生活にしてください。

 

新しいパソコン設定レノボ←ここにもどる